• ホーム
  • 早漏とEDの両方にアプローチする医薬品

早漏とEDの両方にアプローチする医薬品

2020年04月26日

男性の性の悩みでは勃起が十分に得られないEDがあげられますし、射精がコントロールできず早くおわってしまう早漏もあげられます。
こうした症状は男性本人にとってもコンプレックスにつながりますし、配偶者や恋人などパートナーである女性にも不満を残すことが多いものです。
性行為の回数が減ることでスキンシップやコミュニケーションが減り、関係が悪くなってしまうことは避けたいところです。

改善のためにはまずはその原因も知っておきたいですが、EDの場合は健康状態の問題や加齢による性機能の衰えもあげられますし、若い世代ではストレスなど心理的なものが影響している場合もあります。
さらに早漏は性体験が少ない若い世代にも起こりやすいですし、逆に加齢の影響で早漏になる人も少なくありません。
さらに不安やプレッシャーなど精神的なものが影響していることもありますし、包茎など体の問題が影響していることもあります。

改善のためには、サプリメントの服用や食事の見直し、さらに運動なども良い影響が期待できますが、男性の性の悩みは簡単に解消されないことも多く、長期に悩みを抱えている人も少なくありません。

改善のための努力は続けていきたいですが、早い回復を期待するのであれば、医療機関による治療も考えてみましょう。
医療機関では外科的な処置が行われるのではというイメージもありますが、現在ではEDや早漏に対応した良い薬が登場しており、性行為の少し前に飲むだけで即効で効果を発揮してくれます。

こうした治療や泌尿器科や内科、男性専門のクリニックなどで行われていますので、まずは安心して相談できる医療機関を見つけておきましょう。
それぞれの悩みに応じた薬が処方されますが、時にはEDと早漏の両方の悩みを抱えている人もあります。
そして、今ではどちらの悩みにも対応できる薬も登場しており、何度も薬を服用する手間がなくなっています。
その薬はスーパーPフォースと呼ばれており、有効成分はシルデナフィルとダポキセチンです。

実はスーパーPフォースは手頃な価格

スーパーPフォースの有効成分であるシルデナフィルはED治療薬として有名なバイアグラの有効成分としても知られています。
この成分は勃起を阻害する酵素の働きを阻害し、血管を拡張させ血流を良くすることで勃起を得やすい状態にしてくれます。

ダポキセチンはセロトニン再取り込み阻害薬に分類されセロトニンの濃度を高めノルアドレナリンの分泌を抑えてくれます。
ノルアドレナリンは緊張は不安があうと増加しやすい傾向にあり、性的な興奮が抑えられず、射精を早めてしまうことにつながります。
セロトニンの分泌が少ない人はノルアドレナリンの抑制がしづらくなりますので、セロトニンの濃度を高めることは早漏防止に効果的と言えます。
個人差はあるものも、服用することで射精の時間が3~4倍に伸びると言われています。

通常はED治療薬と早漏防止の薬は別々に処方されることとなりますが、スーパーPフォースはひとつの薬で両方の症状に対するの有効成分が含まれていますので、一度の服用で良い効果を期待できます。
優れた薬ということもあり、高価なイメージもありますが、こちらは海外医薬品の個人輸入で購入できる薬ですので、手頃な価格で入手することができます。

もともと、薬の価格や安く抑えられていますが、スーパーPフォースはシルデナフィルを100mg、ダポキセチンを60mg一錠あたりに含んでいます。
日本で処方されているシルデナフィルは50mgまでですので、そのまま飲むと効果が強く出すぎる可能性があります。
ピルカッターなどで分割し、まずは少なめの量からはじめていくことがおすすめです。
一錠を何回にも分けて使うことができますので、一回あたりの薬の費用はより安く抑えることができます。
シルデナフィルは食事の影響を受けやすい成分ですので、空腹時の服用がおすすめです。