• ホーム
  • 精力剤とは精力増強効果を狙った医薬品・健康食品

精力剤とは精力増強効果を狙った医薬品・健康食品

2020年05月28日

精力剤は、精力増強の効果を求めている方を対象に作られているものです。
ちなみに精力剤は配合されている成分によって医薬品か健康食品かという違いが有ります。
基本的に健康食品の場合には副作用などもほとんどなく使う事が出来るというのが特徴です。

年齢とともに精力が衰えてきてしまい、勃起力の低下や持続力がなくなってきたり、性欲自体が少なくなると言ったことも有ります。
もちろん体質的な事も影響してきますし、年齢を重ねていても食生活や生活習慣が安定してれば衰えを感じない方もいます。
もし精力増強をしたいのであれば、有効成分が配合されている精力剤を試してみると良いでしょう。

代表的なサプリ(健康食品)に含まれている成分は、マカや高麗人参、にんにくや牡蠣などが挙げられます。
マカは滋養強壮に効果的で豊富なミネラルを配合しています。
高麗人参は疲労回復にも作用しますし、様々な漢方にも配合されている成分です。
にんにくも同様に滋養強壮に効果が有りますがアリシンやアホエン、セレンなどのたくさんの成分を含む事で効果も高いです。
牡蠣にはセックスミネラルと言われている亜鉛が豊富に含まれています。
セックスミネラル亜鉛は、前立腺に多く存在していて、精子の運動や活性化したり前立腺の働きにも深く関係してくる成分ですので、精力剤には欠かせない成分と言われています。

これらの有効成分を食事だけで摂取するのは困難ですし、バランス良く摂取するというのも難しいものです。
しかし食事だけで補えない時にサプリ等の精力剤で補う事が出来れば、精力増強にも作用させることが出来ますし、健康目的ではなく性的な目的であっても十分作用することが期待出来ます。

勃起不全(ED)の治療ではバイアグラなどの医薬品が処方されますが、出来れば健康食品で効果が有るようでしたら医薬品に頼るよりも良いでしょう。
飲み続けても副作用などがほとんどありませんし、逆に滋養強壮にも効果がありますのでおすすめです。

精力剤は使用年齢に制限があるの?

勃起不全の治療で使われるバイアグラは医薬品です。
そのため副作用が起こることも有りますし、高血圧や心臓に疾患が有る方、また降圧剤を常飲されている方が使うのは良くないと言われています。
また、持続性は4~6時間で飲んだ時にしかその効果が作用しませんし、飲み続けるという目的で作られているものではなく、高年齢の方が自己判断で使うというのは副作用のことも考えるとあまり良い事ではありません。

然しサプリメントやドリンクなどの健康食品としての位置づけの精力剤でしたら、有効成分として配合されている物も、食事で普段摂取できるものから身体に良い物ばかりで、継続して摂取していく事で体質の改善にも役立つようなものが多いです。
精力増強だけではなく滋養強壮といったメリットもあり、身体を元気に保つ事を期待出来ます。
副作用も健康食品でしたらほとんど出ないものですので安心です。
そのため年齢制限などもありませんし、安心して飲み続けていく事が出来ます。

有効成分の違いで医薬品や健康食品かという分け方がされていますが、健康食品の場合でしたら継続していく事で年齢的な衰えもカバーしていく事が出来る可能性も高まります。
バイアグラなどの医薬品には即効性もありますし、ほとんどの方が服用すればすぐに効果を感じる事が出来る物ですが、精力剤の中でも健康食品の部類は効果はゆるやかです。
しかし体質改善をしていくという事ができるため、効果はゆっくりかも知れませんが、薬を飲まずとも満足できる勃起力や持続力も戻ってくる可能性も高まります。

医薬品に頼る前に、健康的な所に働きかける事も出来るサプリメントやドリンクなどの健康食品からはじめてみることをお勧めします。